大腸検査

健康診断で、便検査にて血便に陽性反応が出たため、大腸検査をすることになった。
尻からカメラを入れて直接見てみる。

実に原始的だが確実な方法だ。

前日には軽めの「うどん」と「完熟プチトマト」を食べて、下剤を飲んで寝る。(翌朝スッキリタイプの下剤だ)

当日は自転車で板橋区まで検査に行ったのだが、前日食べたプチトマト・・・。
これがまずかった。

病院まで1時間程、自転車運動したにもかかわらず、下剤の効果がない・・・。
ブーともピーとも鳴らず、ごく普通の腹具合だった。

検査当日は下剤を10分おきに200ccづつ飲み、合計で1.8㍑飲んで排便を繰り返し、腸内を綺麗にするのだが、1.4㍑を飲んだ所で、強烈な便意発生!
ドカンと一発!
続けて二発!!
水のようなピーピー便と一緒に便器の縁にプカプカ浮いているのは唐辛子ではない・・・・。プチトマトの皮だ!

「この皮が出なくなったらカメラを入れましょう」

と看護婦さんに言われて一生懸命腸内のアレやコレをひねり出すものの、細かいトマトの皮はなかなか出し切れないようだ。

それでも7回目の排便が終わるころには、ほぼ透明の便になったため、カメラを尻から突っ込むことになった。

ひどい便秘の患者さんだという話だったため、検査ができるかどうか心配した。
と看護婦さんから言われてしまう位、私は「超便秘の人」なのだ。

前日に飲んだ下剤もまったく効かず、その前に排便したのもいつだったか?聞かれてもすぐには判らない程で、危うく今回の大腸検査も「糞詰まりのため」延期になるところだったのだ!

しかし、私は「子供の頃から毎日排便したことはない!」「これが日常!」と言い切って大腸カメラ検査のGoサインをもらったのだった。



いざ、尻からカメラを入れたては見たものの、順調とはいえなかった。

カメラが小腸との境目のスタート地点まで届かず、体ごと上を向いたり、横を向いたりと尻からカメラを入れたままグリグリと動き回り、押したり引いたりと大変な思いをして最終コーナー(もう一息!)に差し掛かったところ・・・。

「腸が!大腸のカーブが曲がれないよぉ・・・」

と、胃カメラオペレーターがまさかのギブアップ宣言!

なにやら内線でベテランの先生を呼び、助手の先生を含め3人がかりで最終コーナーを曲がるためにカメラを出し入れする。カメラが大腸内を押すたびに、エイリアンの1シーンを思い出す。


・・・俺・・・ホモは・・・ムリです・・・。

さらにひとしきりこねくり回した後、別に胃カメラエキスパートの先生が呼び出され、総勢4人で俺のお腹をこねくり回す。
「腸が長いね」
「この患者、腸が長いんですよ」
「長い・・・」

先生たちの会話の中に俺の大腸に対するご意見が挟まれ、便秘症の原因も大腸が長いからかも?と一人納得してみたりする・・・。

「さっきのトマトまで戻って・・・。」
「トマトの右を・・・」

あぁ、俺の腸内に残っていた残留プチトマトの皮が・・・道案内で役に立っている・・・。

さすがにエキスパートの先生が操作すると1発で通過したみたいでしたが、最終コーナーを曲げるだけで30分以上かかったので、俺にはいつスタート地点に着いたのかも定かではありませんでした。

本検査はカメラを抜きながら写真を撮影。

3mm大の大腸ポリープ発見!
切除すると出血のリスクがあるから、このままにしましょう。
また来年、これに懲りずに受診してくださいね。

と、結果的には問題なしの結果だった。
では、健康診断で発覚した
血便の原因は・・・???



でした。

大腸癌じゃなくてよかったぁ。

べ・・・べつにオチとかないんだからね!

この記事へのコメント

hayanon
2013年07月09日 23:23
何はともあれ大事じゃなくて良かったですね~
来年も直腸検査という十字架背負って生きてゆくのがつら過ぎる。。。
うっちゃん
2013年07月10日 11:36
お尻カメラはもうコリゴリしたし、綺麗な腸内だったので、ボラギノールで解決ならぬ快穴!といきたいところです。